不景気な時代に、高い専用機から脱却できない会計事務所さま必見

リスクなく上手な専用機からの脱却方法

多くの会計事務所様で、会計事務所専用メーカーのサーバーやソフト、保守のランニングコストが高く、悲鳴をあげておられる会計事務所さまがたくさんあります。
特に比較的年齢の高い税理士さんは、市販のソフトに移行したときサポートの点などで不安で、専用機から脱却できず、高額な専用機を使うことでストレスを感じておられる税理士さんを多く知っています。

専用機から逃げたいけれど逃げられない。 非常にお気の毒に思います。そのような会計事務所さまにリスクなく、上手にコストダウンする方法をお知らせします。

会計事務所専用機からの脱却の必要性

何故、会計事務所は会計専用メーカーのコンピュータから脱却しないとならないか。

会計専用メーカーのソフトは一般的に5年ごとに会計専用マシンに大きな投資金額が必要になってきます。5年ごとに既存のソフトの買い換え投資になります。

市販のパソコンソフトを導入している会計事務所は、5年ごとにパソコンはリニューアルしてもソフトは保守料金を支払うだけで継続利用できるため、既存のソフト以外の新しい投資が出来るため、新しい分野に投資ができます。

現在利用されているソフト以外にも、常に新しいソフト・ハードに投資して顧問先の色々な諸問題を解決していくだけでなく、より多くの顧問先のニーズに応えるために、研究開発投資が必要な時代になつてきました。

進歩的な会計事務所にはより多くの顧問先、より質のいい顧問先がきます。

5年に1回、高い専用機に買い換え投資している会計事務所は、経費の問題だけでなく新たな研究開発投資に資金が廻らず、常に現状を維持するだけで精一杯である。
質のいい顧問先を獲得していくためには、社会変化、技術革新に対応するだけのソフト、ハードの投資が必要になってきます。新しい開発投資の為にも、既存の業務中心の専用機から市販パソコンを効率的に使う習慣を身につける必要があります。
上記の方法で切り替えが難しいとおもわれたら専用機にもどす。仕訳の少ない顧問先の仕訳なのでためだと思われたら、専用機で再入力しても負担は少ない。

最初にお試しソフトとして、エプソンの財務応援ライト又は弥生会計を選択して、切り替え準備に入いるといいでしょう。 エプソンの財務応援ライトは、専用機の流れをくんだ財務ソフトであるため、専用機メーカーのソフトをお使いになられるている会計事務所さまは、違和感なく切り替えができます。

3件から5件切り替えで自信がもてると、後は100件でも200件でも同じ要領で、データが多いだけです。税務はどこのメーカーのソフトを選択しても大きな差はありませんので、財務に慣れたら給与、法人税、内訳書と、1年がかりで移行の準備をすれば100%成功します。
後はなれです。ハンドの魔法陣でもエプソンの税務ソフト、NTTデータの達人シリーズでも、10,000件以上使われているソフトなので心配無用です。

もし上記に方法で試してみたい思われましたら下記にメール又はお電話ください。必ずコストダウンに成功させます。

TEL 03-3982-6851    和田 純 まで

返信先メールアドレス
会社名/個人名
件名
お問い合わせ内容
.